ネタバレ【飼育小屋少女】幼い頃少女を監禁のレイプが過激すぎた。

【飼育小屋少女】
作者・チンジャオ娘・達磨さん転んだ


この漫画はBookliveの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓


【飼育小屋少女のネタバレ】

 

かつて自身でもモテた時代がある。そんな話を聞くことも多いかと思います。私もその中の一人でありこれから話すことは私の体験談であります。

 

彼女に会ったのはゴールデンウィークも明けた梅雨の前、比較的過ごしやすい時期であったことを覚えています。その女性とは私はよく使う電車の中で会いました。

会ったというのは語弊があるかもしれませんが、その女性の隣に座ったことが原因であります。

 

当時四人がけの電車が普通にあり、女性が窓際に座り私はその後向かいの席に座り彼女と同じように車窓を眺めていました。今ほどスマホも普及しておらず、携帯を見ている。

いじり続けるという時間を過ごすこともなく、ただただ車窓を眺めている時間が彼女との間に流れたました。

 

それが私と彼女との出会いの発端であります。

 

なんとなしに午前中に降った雨により持っていた傘が彼女の方に倒れた時に彼女の白い足に触れたことにより私は謝罪しました。

 

少しのきっかけが生まれたのが原因でそこから話が進みました。なんとなく話していくうちにお互いの目的地が同じということも分かり、話の内容から既婚者ではなく彼氏もいないということでしたので、もしよければということで彼女に同行させていただくことにしました。

 

半ば強引ではありますが彼女をエスコートしご飯をご馳走させていただくという名目でデートすることになりました。

 

その前と後私達は友人関係となり人数が足りないという理由で私の男友達とのバーベキューに呼び、彼女は彼女の友人を誘い同じバーベキューを楽しむことになりました。

 

そのバーベキューがきっかけで私と彼女の交際は正式にスタートしたのですが、その彼女との性行為が非常に記憶に残るものであります。

 

彼女がそこまでの経験がないのも、私の好奇心に拍車をかけたのでしょう。彼女がMという気質だったことも拍車をかけたのでしょう。

 

度の過ぎたような破廉恥な行為をお互いに淫らになったことを覚えています。

 

例えば、夜中彼女に下着を外してもらいコートを羽織ったのみの状態で夜な夜な二人で散歩に出かけ人通りの少ない通りや公園や河原などで愛撫し彼女を絶頂させたものです。

 

彼女は普段よりも興奮することが多くその性行為を私以上に楽しんでいました。

 

そればかりではなく遠隔で動くローターを買ったと言うか買わされ、彼女のパンツの中に固定しそのまま日曜の繁華街でデートしたものです。

 

私にスイッチを握らせ好きな時にを動かしていいと彼女は私に全権を委任しました。

 

私は彼女を絶頂させることなど容易であり、最後に彼女は人目を気にすることなく果てていたものです。

 

寂しいですがこのようなハレンチな女性は後にも先にも現れることはありません。

【飼育小屋少女】
作者・チンジャオ娘・達磨さん転んだ


この漫画はBookliveの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

、水